シニア犬のトリミング(北区パピーハウス)

2018/03/16
トリミング

シニア犬のトリミング(北区パピーハウス)

本日のトリミングのお客様

ダックスのココアちゃん

性別 女の子

年齢 15歳(4月27日で15歳になります)

12年前からのお付き合い

その頃は若くてはち切れそうな女子でした

ネットも無い時代でしたので、おそらく口コミで来店してくださったのでしょう

今は白内障で目はほぼ見えてない状態です

でも、慣れたパピーハウスなので怖がる様子はありません

になりました

今回は全身5mmのバリカンをかけました

真夏時は3ミリのバリカンになります

最近はオシッコをするとお股がビショビショに濡れるそうです

2年前からマイクロバブルに入り、その後トリートメントをするようになりました

お股が濡れるのは↓

 

おそらく足の筋力が落ちて若い時のように少ししゃがむことが出来ず床に着くような姿勢でオシッコをすると思われます

それなので、今回はお股周りをツルツルにしてお尻の毛を短くしました

見栄えより実用です

これでオシッコしても清潔を保てると思います

シニア犬と暮らしていて若い時と何か違うな?と感じた飼い主様は掛かりつけのトリマーさんに是非、相談してください

きっと適切なアドバイスいただけると思いますよ

ご自分でシャンプーやカットをしている飼い主様には無料で相談受付ますのでトリミング以外の事でもかまいませんからお気兼ねなく来店してくださいませyes