シニア犬のトリミング(東京北区パピーハウス)

2018/04/17

シニア犬のトリミング(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はチワワのももちゃんです

性別 女の子

年齢 12歳

体重 1.84キロ

初めましてです

飼い主様のご両親のチワワちゃん達がパピーハウスに通ってくれている縁で、今回は一緒に来てくれました

2キロ以下の体重ですが、とっても健康そうでした

しかし他の店舗では10歳を過ぎると高齢というだけで健康であっても断られる場合があるようです

出来ましたら、子犬の時からずっと通ってる同じサロンでトリミングすることがワンコにとって一番望ましい事だと思います

やむを得ず引っ越しなどで、新しい住まいの近くでサロンを探す飼い主様は年齢だけで断られることがあり、かなりショックを受けるようですね

体調不良の子は、勿論若くてもトリミングは控えた方がいいと思われます

しかし健康であればシニアであってもトリミングには支障はありません

皮膚が弱ければ、低刺激シャンプーがあります

パテラの子であれば、マイクロバブルの浴槽の中で膝のマッサージをすることも可能です

毛量の多い子であればカットしてドライヤーの時間を短縮することをお勧めします

プードルであれば今までのカットスタイルを見直して、見かけの美しさより手入れのしやすいカットに変更をお勧めします

寝たきりの子であれば完全予約でスタッフと二人係で寝かせながらのドライング、カットをいたします

寝たきりの子の場合シンクの中で洗う時、すのこの下にバスタオルを敷いて寝かせながら半身づつ洗います

このやり方は、どこのサロンでもできます

パピーハウスは31年間シニア犬をトリミングしてきましたがパピーハウス内で亡くなった子は1頭もおりません

トリミング後亡くなった子の飼い主様は後日、お電話で「綺麗な状態で天国に逝けました」とおっしゃってくださいます

皆さん覚悟のうえでパピーハウスにトリミングを依頼してきます

重篤な子で、あまりにも汚れている子の場合は、リンスもすすが無いタイプを使います

ももちゃんのように、若い時から定期的にトリミングサロンに通っていればシニアになっても緊張はしません

ましてや、顔見知りのスタッフに会えば安心します

シニアになってから馴れないトリミングサロンに連れて行くことが負担になると思います

ご自宅でシャンプー出来ない、あるいはしない飼い主様は若いうちから時々トリミングサロンに連れて来ませんか?

パピーハウスはマックス20歳の子のトリミング経験あります

飼い主様曰く「成人式」とおっしゃってました

パピーハウスの最後のトリミング後数か月頑張りました

シニア犬大歓迎です!!

お待ちしてますよ~