トリミングと一時預かり(東京北区パピーハウス)

2018/04/27

トリミングと一時預かり(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はプードルの愛ちゃんです

性別 女の子

年齢 2歳9か月

愛ちゃんとのお付き合いは先代のシュナウザーの空君からの長いお付き合いです

初めてのトリミングは生後5か月でした

ご家族がお出かけする時に合わせてトリミング兼一時預かりの来店でした

パピーハウストリミングで来店された場合、事前に何時までとご依頼があれば無料でお預かりいたします

ただしお散歩や食事の提供はありませんので食事が必要な場合はご持参ください

愛ちゃんとのお付き合いが何回かあった頃、事件が起きました

何気ないいつものお散歩中、馴染の公園内で愛ちゃんが何か草のような物を加えて楽しそうに走っていたら突然倒れたそうです

掛かりつけの動物病院に緊急で駆け込み、おそらくエコーとかレントゲンをかけたのだと思われます

その時の診断が内臓からの大量出血でした

愛ちゃんのママからお電話で輸血が足りないと言われ、知り合いのシェパードちゃんに輸血をお願いしました

愛ちゃんは危篤状態を数日繰り返し見事生還しました!!

それからは、トリミングは動物病院とパピーハウスを交互に利用され昨年の3月にはパテラの手術も克服してとっても元気になりました

家族だけでお出かけする機会も減らされたようで、今では愛ちゃんも一緒に行かれる所をチョイスされてるようです

しかし、年に数回は愛ちゃんを連れて行けない所へのお出かけもあるので、その時はパピーハウストリミング兼一時預かりを利用されます

トリミングが一段落したら愛ちゃんをお店でフリーにして遊ばせ飼い主様のお迎えを待ってもらいます

以前、トリミングにいらした子は引っ越しの荷物の搬出時間にシャンプーしてお迎えにいらした飼い主様もおられましたよ

初めてのお客様には、前金でお願いしていますが顔見知りだったりパピーハウスのお客様であれば料金は通常通り後払いです

お気兼ねなくパピーハウスにお問い合わせください

 

そして愛ちゃんの事件は、決して他人事ではありません!!

道路や公園に落ちている物、生えている植物、ゴミ等、決して口に入れさせないよう飼い主が注意してください

空が青くて綺麗とか桜が綺麗で眺めるとか、その時の視線はワンコから離れます

世の中には毒物を混入する人間がいます!

草花の根っ子には猛毒が含まれてる物もあります

カラスが破った生ごみは腐ってます

世の中は危険がたくさん落ちてます

我が子を守れるのは飼い主だけです

そしてお散歩中のリードは「伸びるリード」は絶対禁止です

リードを伸ばした先でワンコにどんな危険が待ち構えてるかわかりません

万が一「伸びるリード」を短くして使っていても、つい伸ばして自由に走らせたくなります

「伸びるリード」は我が子に自信のある飼い主様が海辺や広い所だけでお使いいただきたい

因みにパピーハウスではお泊りで預かった子が「伸びるリード」持参だとお店の通常のリードでお散歩に行きます

事故は最小限に食い止めなければ預かる者としての責任です!!

「伸びるリード」しかお持ちでない飼い主様は「伸びないリード」を1本用意しましょう!!

そしてリードや首輪の金具や強度は年に一度チェックしてください

メーカーは1年に一度買い替えましょうと言ってますが、それはワンコのリードの引きの強さであったり、リードを噛む子だったりと千差万別です

パピーハウスの看板犬のミック(ワイヤーダックス)は13歳となりリードは常に引っ張らずゆるりとした状態で歩くので現在のリードは3年目です

夏と冬とでリードを変えているのでもっともちそうです(笑)

ワンコをトリミングで綺麗にしても首輪やリードがボロボロでは不憫ですよ~

このブログを読み終わったらワンコの首輪&リードのチェックしてみてください

首輪とリードは可愛い我が子の命の綱ですよ!!