犬の無麻酔歯石除去 (東京北区パピーハウス)

2018/05/01

犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はキャバリアぼナオちゃんです

性別 女の子

年齢 10歳

ナオちゃんが初めて歯石除去したのが今から7年前でまだ3歳でした

そこから年に3回ほどのトリミング時は毎回歯石除去をするようになりました

おそらく、こんなに若いうちから歯石が付くのは唾液が少ないか、歯の並びが悪いか、遺伝的なのか?

ナオちゃんの歯石を取るたびに感じるのが食べかすが非常に多く付いている事です

水分補給が少ないかもしれません

食後、たっぷりのお水を飲むことによって食べかすが取れ食器に浮きます

人間で例えるならうがいのような感じでしょうか

そして飼い主様の歯磨き不足

嫌がるから止める

よくあるパターンです

勿論、ワンコはいきなりお口の中に歯ブラシを突っ込めれたら驚きます

拒否反応を示すのが普通です

そこで止めたらワンコは学習します

嫌がれば止める!って(笑)

歯茎が炎症を起こしていたら痛いので最初はガーゼで食べかすをを取るだけにしましょう

健康な歯茎であれば、最初は指サック(シリコン製で柔らかい)でこすります

勿論歯磨き粉(犬用)を付けます

歯磨き粉はたくさんの種類があります

味も豊富です

動物病院でも販売しています

お口の中に指を入れることに慣れたら本格的な歯ブラシに移行します

丸い形や二段植毛や柔らかタイプ、色々あります

歯磨き粉はゆすぐ必要はありません

歯磨きが終わったらご褒美をあげてください

遊びが好きな子なら思いっきり遊んであげてください

オヤツ命の子なら歯磨きガムをあげてください

NGオヤツはボーロ類(又磨いた歯に食べかすが付きます)

ジャーキー類(添加物が大量なので体にも悪影響があります)

何度も言いますが大事なのは水分補給です!

お口の中をゆすぐ事が大事です!!

ワンコはゆすぐ事が出来ない代わりにたっぷりお水を飲む事で補います

その時の食器が大事です

サークル等に取り付けられたウォーターノズルは歯に触れないので不向きです

出来たらお水用の食器は大きめがいいです

たっぷりお水が入って周りにお水がこぼれるくらい豪快に飲んでもらいたいです

汚れたら拭けばいいですよね!

食後以外、お留守番の時はウォーターノズルでもいいと思います

さあ~、今日から自宅で出来る事から始めませんか?

パピーハウスには歯磨きグッズがたくさん取り揃えてありますよ

皆さまのご来店お待ちしてますwink