ミックス犬のトリミング(東京北区パピーハウス)

2018/05/13

ミックス犬のトリミング(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はミックス犬のアンズちゃんです

性別 女の子

年齢 2歳

アンズちゃんとのお付き合いはまだ2か月です

パピーハウスにサロンを変えたのはご近所の動物好きなおばあちゃまの紹介です

その方は猫飼いですが散歩で通るワンコの事も大好きな方なんです

実はアンズちゃんは、パピーハウスに来るまでは動物病院のサロンだったり、トリミング学校のサロンに通っていたそうです

1歳7か月頃に突然発作のような行動が始まったそうです

今までフレンドリーだったのが、突然スイッチが入ると唸り出したそうです

動物病院で、しつけ教室を勧められたそうですがますます発作の回数が増えたそうです

トリミング学校の生徒さんも怖がり、遠回しにトリミングを断られたそうです

ブラッシングも嫌がり、エスカレートする時は自分の尻尾を噛もうとクルクル周り始めたそうです

原因は今のところわかりません

アンズちゃんの両親はポメラニアンとマルチーズだそうです

ミックスが悪いというわけではありませんが、血が合わない犬種もいます

性格的に不向きな犬種同士のかけ合わせもあります

これは生まれてみないと分からない事です

見かけ重視の生体販売を根本から改めないと、アンズちゃんのように突然性格が変わることも考えられます

 

因みにアンズちゃんはパピーハウスに来てトリミング中に発作を起こすことはあります

しかし人間に威嚇するすることは無いので落ち着いた頃合いを見てトリミングを再開してます

パニックの時は、優しく抱いて落ち着かせます

何か起きたら対処できるようにアンズちゃん以外のトリミングは入れません

そしてトリミングが終了したらすぐ飼い主様にお電話してお迎えに来てもらいます

待ってる間はスタッフが抱っこしてます

ストレスをかけない事

無理強いはしない事

気長にアンズちゃんに寄り添う事

今回で3回目のトリミングになりますが少しづつパピーハウスに慣れてきたようです

 

もし我が子でアンズちゃんのような行動を起こす子がいたら、諦めないでください

残念なことに飼い主様の中には飼育を諦める方がいます

動物の遺棄は犯罪です!!

安楽死の選択も止めてください

アンズちゃんのママのように努力すれば道が開ける事も多いです

まずは自分が努力してみてください

パピーハウスに相談してもOKです!

 

今はアンズちゃんの成長や変化が楽しみです

優しい気持ちは必ず動物には伝わります

 

パピーハウスは他店から断られた子が多いです

出来る限りのサポートをさせていただきます

諦めないでくださいね!!