犬のトリミングにはマイクロバブルお勧め(東京北区パピーハウス)

2018/06/05

犬のトリミングにはマイクロバブルお勧め(東京北区パピーハウス)

 

本日のお客様はプードルのモニ君です

性別 男の子

年齢 10歳

飼い主様とのお付き合いは先代のプードルのリリー君からなので26年になります

リリー君が亡くなって、飼い主様もその当時80歳だったのでもうワンコは飼えないはずと思っていました

お年よりお若く見えてお元気で、一人でお出かけもされ足腰もしっかりされていました

 

リリー君が亡くなって暫くした頃、モニ君のトリミングの依頼がありました

正直、このお年で最後まで飼えるのか不安でしたがパピーハウスで出来る限りの協力をしようと思いました

 

初めてのトリミングの時にサービスでマイクロバブルに入れたところ子犬なのに物凄い汚れが出ました

販売していたお店が不衛生だったのか?

飼い主様も次回からもマイクロバブルに入れてほしいと依頼されたので10年間毎回入ってもらってます

しかし年齢を経るごとにマイクロバブルの汚れが増してきました

飼い主様がもうじき90歳という高齢なので食生活に何か問題があると思われます

ドッグフードは与えてない様子

モニもドッグフードは食べなくなったようです

結果アレルギー体質になったようです

痒みが酷く口が届く範囲を噛んでます

そして毛が抜け皮膚にカサブタができる

マイクロバブルで多少の治療

今はこの繰り返しをしています

 

飼い主様はお一人暮らしです

ご親戚の方が時々訪問されてるようです

 

もし、このブログを読んでいる方の中でご両親や祖父母の方がワンコやニャンコを飼っているようであれば、時々様子を見てください

ワンコ達の皮膚の状態

トリミングは定期的に行っているか?

ワクチン接種の証明書

フィラリアの投薬

お散歩に行っているか?

ニャンコのトイレは常に清潔を保っているか?

フードは安価な物を与えてないか?

リードが古くなってないか?

目やにや歯石は大丈夫か?

かかりつけの動物病院のカルテ

トリミングサロンのカルテ

 

これらをご両親や祖父母のご機嫌を損ねないようにアドバイスしてください

 

因みにモニ君の飼い主様は数年前からトリミングに出すことを忘れるようになりました

何か月ぶりかに予約をいただいた時のモニ君の姿はボロボロでした

そこからパピーハウスとして定期的にお電話をさせていただき、トリミングの日時を伺うように決めました

いわゆる御用聞きでしょうか

飼い主様もパピーハウスの電話があるとメモ用紙に「〇月〇日パピーハウス」と書いてパピーハウスのメンバーズカードに差し込んでくれるようになりました

残念ながら前回からメンバーズカード紛失したようです

勿論、再発行しましたが又紛失するようであれば何か対策を考えようと思ってます

 

以前はお迎えに行ったら「頼んでない」と断られた経緯があります

 

私も、いつか老いてくるので明日は我が身です

でも自宅に動物がいる事は独りぼっちの寂しさを癒してくれます

離れた家族が老いを認め、いつでもフォローできる体制を作っておけば、何かあった時場合ワンコやニャンコが路頭に迷う事が無くなります

 

今回はマイクロバブルから脱線しましたが、マイクロバブルの汚れの酷さでぎ自宅の生活環境がわかることもある事例をご紹介しました

 

高齢の方が動物と最後まで安心して暮らせる社会になることを切に願います