7月28日 ミックス犬のトリミング(東京北区パピーハウス)

2018/07/28

ミックス犬のトリミング(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はミックス犬の一二三君です

性別 男の子

年齢 推定4歳

先日の記事でマイクロバブルに生まれて初めて入った一二三君です

一二三君はセンター収容の子です

以前の飼い主は不明です

どういう経路でセンターに収容されたかも不明です

ですから一二三君は何のミックスかは謎です

長年のワンコとの付き合いで私の憶測ですが、顔はチワワ

耳の形はパピヨン

毛質はパピヨン

性格はチワワとパピヨン両方

体つきはパピヨン

飼い主様の要望で一度短くして揃えたいというご要望だったので尻尾を除き全身3ミリにしました

なかなか男前の一二三君です!

 

最近、保護犬トリミングして思うのですが昔に比べて純血種のワンコが減りました

 

センターから出たばかりのワンコをトリミングしながら一体何犬なのか?

と、不思議に思う子が多いのです

ミックスが悪いというのではなく何故ミックス犬を捨てるのか?

ミックス犬は性格などが親のどちらに似るか育ってみないとわかりません

若い方々は、ペットショップで見た目の可愛さや、オンリーワンの魅力に魅かれミックス犬を購入するのでしょうか?

もしかしたら安い価格に魅かれるのでしょうか?

飼ってみたら、思った性格と違う・・・

犬種別の飼育本を読んでも当てはまらない

おとなしいと思ったら、元気過ぎる

全て犬が悪いのではなく、安易に繁殖する人間が悪い

安易に販売するショップが悪い

そして安易に購入した飼い主が安易に捨てるという構図が出来ていると思われます

 

ミックス犬での弊害は両親犬の悪い部分の血を受けて生まれた子もたくさん見ています

 

犬の交配は血がとっても大事なんです

合わない血を入れると奇形が生まれたり病弱な子が生まれたり、流産もあります

 

プロのブリーダーは、その血の見極めを大事にしています

 

安易な交配で不幸なミックス犬を作らない世の中にしていきたいものです

 

この記事でミックス犬を購入しようと思っている方々は、是非勉強してくださいね

そして終生、その子と寄り添ってください

お願いいたします!!