8月14日 長毛猫のトリミング(東京北区パピーハウス)

2018/08/14

長毛猫のトリミング(東京北区パピーハウス)

本日のお客様は海外からのお客様のマルちゃんです

性別 女の子

年齢 16歳くらい

仔猫の時に今の飼い主様が保護をして日本に来日したそうです

高齢なのでトリミングも2年ぶりでした

ママには怒るそうですがパピーハウスではひたすらおとなしく全身3ミリ、尻尾も3ミリのバリカンをかけました

 

高齢なので手早く保定のスタッフも必要ありませんでした

 

日本には10数年いるのでおそらく、この蒸し暑さには慣れていると思われます

心配なのは食べても痩せるそうなのでこの夏を何とか無事に乗り切ってほしいものです

かなり高齢なので毛質も油っぽくなっていました

シャンプーは高齢猫には負担になるのでご自宅では蒸しタオルなどでふき取りをお勧めします

そしてシニア猫の特徴として、殆ど爪とぎをしません

なので、爪の表面が剥がれなくて爪自体が太くなってます

気がついたら月に一度、自宅で爪切りをしましょう

爪切りをすると爪の皮が剥けて爪とぎ効果のように少し薄くなります

 

我が子が最近爪を研がないなあ~って感じたら爪の太さを見てくださいね

ご自分で切れなければトリミングサロンや、動物病院で切ってもらいましょう

もし切らないままにしていると太い爪が肉球に刺さったり爪自体が丸くなって歩行に困難をきたします

さあ~今すぐシニア猫の爪点検ですよ~