8月28日 犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

2018/08/28

犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はプードルのパル君です

性別 男の子

年齢 10歳5か月

パル君の歯石除去は5年前からだと思います

その前のカルテは処分してるので、残しておくべきでした・・・

最初の頃は歯石除去に対して反発は一切ありませんでした

ですから気がついたら施術するようにしていました

しかし年を重ねる事に抵抗するようになり、飼い主様と相談して施術の期間を開けるようにしていました

今回は9か月ぶりでした

今までにない抵抗でした

噛みつくのではなく、体全体で拒否行動です

勿論保定はしていますが、スタッフが振りほどかれる始末でした

舌の色も興奮でチアノーゼ状態になります

取り敢えず、嫌がらない部位を施術して、インターバルを取り少しづつ開始しました

どうしても奥歯は嫌がるのでハンドタオルを噛んでもらい、閉じた口の隙間から奥歯の施術をしました

時間は40分使い切りました

 

たくさんのワンコの無麻酔歯石除去をして来ましたが途中から拒否する子も多いです

今まで出来たから、今回も出来る保証はありませんので飼い主様も承知願いたいと思います

ワンコの意思には逆らえません

中には以前は抵抗したのに、ある日から突然無抵抗で協力的になる子もいます

つまり、やってみなければわからないと言うことです(笑)

せっかく連れてきたのに「出来ませんでした」ということも稀にあります

40分とういう時間をかけて料金が¥2160という破格の安さですので、出来なければ料金はいただきません

初めてのお客様はそこを理解して申し込んでくださいませ

 

最近、増えてきたネットでお申し込みに多いのが当日キャンセルです

パピーハウスにはキャンセルポリシーはございません

飼い主様の良識にお任せてしております

中にはキャンセルの電話すらなく来店されない方もいらっしゃいます

悪戯ならまだしも、そんな飼い主に飼われてるワンコが不憫です

最後まで愛情を注いで育ててくれるのでしょうか?

キャンセルせざるを得ない事情もあると思います

その場合は次回の来店を必ずお待ち申し上げております

 

因みに当日キャンセルで次回がある方は殆どおりません

キャンセル電話があるだけ、マシと思わなければならないのが悲しいです