9月4日 大型犬の無麻酔歯石除去(豊島区パピーハウス)

2018/09/04

大型犬の無麻酔歯石除去(豊島区パピーハウス)

本日のお客様はボルゾイのピスタイオちゃんです

性別 女の子

年齢 5歳5か月

*本日はパピーハウスのタイトルが豊島区にさせていただきました

実はパピーハウスの面してる道路の反対側は豊島区となります

お客様も豊島区の方がたくさんいらっしゃるので初めての方にも豊島区?って思っていただけたらありがたいです!

 

無麻酔歯石除去のお話に戻ります

ピスタチオちゃんとのお付き合いは生後10か月位からなので5年近く経ちます

初めての頃は真っ白な歯でした

ご家族は歯磨きは出来ないそうです

気がついたらいつの間にか黄ばみ、奥歯に歯石が付いてました

しかし、パピーハウスはオーナー&スタッフ全員女性で大型犬の保定は厳しい物があるので原則「大型犬の無麻酔歯石除去」はいたしません!

以前大型犬を施術しましたが飼い主様がワンコを完璧にホールド!

ご自分の膝の上にワンコの頭を乗せてくれたので無事施術できました

今回のピスタチオちゃんの場合は、シャンプーするのでシンクに入るとお顔が丁度トリマーの胸の位置に来るので一人のスタッフが軽く保定するだけで施術が出来ました

これは偶然の産物です

 

もし、どうしても大型犬の施術をご希望でしたら申し込みの時に飼い主様が付き添い完璧に保定が出来る方のみお受けいたします

 

歯石が付く前に大型犬の場合は付かない努力をしてください

大型犬の麻酔は体重が重い分、薬も多いと思われます

何かの手術のついでに歯石除去をするのであれば、いいですが歯石だけの為に全身麻酔はお勧めできません

 

日々歯磨きをする

硬いガムをかませる

食後に大量のお水を飲ませる(うがい効果あり)

歯磨きは子犬の頃から習慣付けましょう

歯磨きが出来る子は、飼い主に服従出来てる子です

大型犬は愛情を持った主従関係を築いてください

 

因みに大型犬の場合、歯ブラシは人間用でOKです!

 

それでは今日からトライしてくださいねwink