9月6日 犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

2018/09/06

犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

本日のお客様はダックスのクー太君です

性別 男の子

年齢 16歳7か月

クー太君はトリミング時に殆ど毎回、無麻酔歯石除去の施術を依頼されます

今回は3か月半ぶりです

前回は間が5か月空いてお口の中は手の施しようがない状態でした

青っ鼻が出て来たのでおそらく歯石の菌が鼻に達したと思われます

クシャミも出ているようでした

しかし今回は前回の施術では鼻水も出ていなかったので暫く様子見です

前歯は既にグラグラ

痛みがあるのでその場所は出来ません

自然に抜けるのが一番ですが、動物病院でペンチで抜くという選択肢もあります

グラグラの歯は痛みは無いはずです

出血も殆ど無いと思います

老犬の我が子のお口を一度覗いてみてください

口臭はしていませんか?

臭いの原因が歯石なら、歯石を取れば済みます

しかし歯茎の炎症や歯周病ならば動物病院で相談してください

 

早い方がいいですよ!

 

クー太君は飼い主様のご意向でこのまま毎回無麻酔歯石除去で対処していく方針なので頑張らせていただきます

 

但しクー太君もかなり末期的症状なので2~3か月のペースで施術しなければ危険です

 

遠方の方は、中々通いきれないと思いますので、我が子のお口の中が酷いようなら、すぐ動物病院で診察してもらってください

 

ご自分で判断できなければパピーハウスは無料で拝見します

 

そして無麻酔歯石除去で乗り切れるようであれば予約していただき施術させていただきます

 

さあ~飼い主様!行動を起こしましょう!!