9月8日 犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

2018/09/08

犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はダックスのチョコ君です

性別 男の子

年齢 15歳5か月

チョコ君とのお付き合いは昨年の6月からです

まだ1年のお付き合いです

チョコ君の年齢を見ると14歳でトリミングサロンを変えたことになります

ご住所もパピーハウスとは違う区になります

おそらく車で20分位でしょうか?

詳しい事情は分かりませんが、パピーハウスにシニアになってから来店される子は、必ず飼い主様になんとなくお伺いします

例えば「お引越しですか?」

「行きつけのサロンはどうされたんですか?」

今回は子犬時代から行っていたサロンのお泊りの時にオーナーを噛んだそうです

そして、もうお預かり出来ないと断られたそうです

何故遠方のパピーハウスへたどり着いたのか?

何と飼い主様の行きつけの美容院のオーナーさんからの紹介だそうです

そこのお家のワンちゃんが一度、無麻酔歯石除去に来店されてたくさんのお客様をご紹介してくださいます

有難い事です

オーナー曰く「パピーハウスなら何とかしてくれる」って根拠のないお話をされたようです(笑)

 

この1年間トリミングに通っていただいてます

何故かトリミングの時は噛まれません(笑)

そして昨年6月に初めてホテルでお預かりした時にスタッフと私が1回づつ噛まれました(笑)

 

因みに飼い主様も噛まれるそうです(笑)

 

パピーハウスでは身の危険を感じるワンコはお預かりはお断りしますが32年間誰もいません(笑)

 

今回は3泊のホテル&シャンプー&無麻酔歯石除去(生まれて初めて)のトリプルでした

 

勿論、あれから二度と噛まれてません!

上手く逃げるコツと怒り出す気配を察知すれば回避できます

 

そして肝心な無麻酔歯石除去ですが、噛みつかれたら絶対出来ません

 

怒り出しそうになったら休憩

怒りそうな歯は後回し

グラグラの前歯は100%怒るので(多分グラグラして触るだけでも痛いと思われます)施術しませんでした

岩のような硬い歯石を取ったら何と歯が1本抜けました(笑)

よくある事です

抜けるべき歯が歯石でコーティングされて歯茎にくっ付いていたと思われます

施術終了後、お口の中の異臭が軽減されました

お迎えに来た飼い主様は歯石除去が出来たことに驚いてました

「噛まれなかった?」

でも、次回はさせてくれるかわかりません(笑)

チョコ君は歯石除去の経験者になったから(笑)

飼い主様は歯磨きも出来ないので次回も歯石が付いてくると予測できますが依頼があればパピーハウスは断りません

 

シニアの子の無麻酔歯石除去お待ちしてますwink