9月17日 犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

2018/09/17

犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様はヨーキーのクッキー君です

性別 男の子

年齢 8歳6か月

クッキー君は歯石除去の常連さんなのでブログには度々、登場します!

初めての無麻酔歯石除去は、クッキー君が6歳の時でした

驚くほど大量の歯垢&歯石が付いていました

原因は色々あるとは思いますが、一番は歯並びの悪さです

歯の配列がガタガタです

でも生まれつきなので仕方ないです

歯も極小サイズです

歯石が付くのを防ぐのは歯磨きしかありません

ご自宅で歯磨きが出来ないのであっという間に付着してます

以前は4か月置きの施術でしたが、現在は2か月に1度のペースです

クッキー君は唾液が多いので前歯は綺麗です

問題は歯並びの悪い奥歯です

それも小さい!

そして残念なことに1本グラグラの歯があります

これが抜ければお口の臭いがほぼ消えるでしょう

対策としては硬いガムを噛ませる

タオル系の玩具で引っ張りっこをする

歯ブラシでグラグラの歯を磨く

あるいは指で刺激する

 

どれもワンコの自主性には頼れない方法です

飼い主様の努力しかありません

 

一つだけ簡単な方法があります

 

食後のお水を大量に飲んでもらう事です

口をゆすぐ効果があります

ドライフードを食べる子は比較的喉が渇くので食後のお水摂取は出来ますが手作り食や缶詰、レトルトは、あまり飲みません

 

そんな時は、手作り食によく使うお肉のゆで汁を冷まして飲ませるとゴクゴク飲んでくれる子が多いです

 

全ての子が飲む保証はありませんが、一度試してみませんか?