11月8日 犬のマイクロバブル(東京板橋区パピーハウス)

2018/11/08

犬のマイクロバブル(東京板橋区パピーハウス)

本日のお客様はチワワのももちゃんです

性別 女の子

年齢 15歳

ももちゃんとのお付き合いは子犬時代からなので15年となります

ご自宅は板橋区になります

以前はご近所でしたがお引越しをされ飼い主様も病気になり、送迎させていただく事になりました

15年という歳月は長いです

ももちゃんは、とても活発なチワワちゃんでお散歩も大好き

そして、とても食いしん坊さん(笑)

お仏壇に供えて在ったチョコレートを食べて吐血

飼い主様のスカートに一時的に留めてた安全ピンを飲み込み、開腹手術

様々な試練を乗り越えて15歳になった時膵臓を悪くしました

同時にチワワの宿命でもある心臓がマックス悪くなり今はお薬+利尿剤も服用となりました

今年になってから動物病院からシャンプー禁止命令が出て半年来店がありませんでした

6月から復帰して今は調子がいい時だけお迎えに行ってます

体重もかなり痩せましたが少しづつ増えだしました

マイクロバブルも、汚れが多くなりました

お散歩してないのに汚れが出るのは、体調が悪く新陳代謝が悪い証拠ですね

トリミングも二人係で時短しています

トリミングが終わったら最短で送ってます

ストレスをかけないよう細心の注意を払っております

こんな事が出来るのはももちゃんとのお付き合いが赤ちゃんの時から続いているから出来る事です

心臓悪化のシニア犬をいきなり初めてのトリミングサロンに連れて行くのは止しましょう!

寿命を縮めます

必ず行きつけのサロンにお願いしましょう

ワンコも慣れ親しんだトリマーさんの方が安心します

しかしシニア犬になるとトリミングを断るサロンも多いですね

ご自分のサロンの方針がシニア犬を断るのであれば早めにシニア犬OKのサロンに変更しましょう!

リミットは10歳かな?

今の10歳のワンコは元気です

さあ!勇気を持って今のサロンさんに聞いてみましょう!!

「うちの子、最後までトリミングしてくれますか?」