11月15日 シニア犬のトリミング(東京板橋区パピーハウス)

2018/11/15

シニア犬のトリミング(東京板橋区パピーハウス)

本日のお客様はヨーキーのナナちゃんです

性別 女の子

年齢 14歳2か月

先日のブログでマイクロバブルのナナちゃんとしてご紹介した子です

ご自宅は板橋区になります

でも、徒歩でも15分位なので以前はお散歩がてら来店してくださいました

最近は14歳という高齢を考えお車です

お散歩も欠かさず行ってるようです

ジャンプ力もあり元気です

しかしたくさんの病気があり動物病院は定期的に通われてるそうです

飼い主様は、ほんの少しの変化にも注意しています

パピーハウスでも、常にチェックは怠らないように心がけております

例えばナナちゃんはトリミング終了後ハウスに入れると大騒ぎになるので心臓の事を考慮してフリーにしてお迎えを待つようにしています

その時、ナナちゃんは必ず排泄をするのでオシッコ、ウンチの色のチェックをします

異常が無ければ、オシッコ何回、💩何回と飼い主様にお伝えします

トリミング終了後の体重測定も欠かしません

飼い主様がダイエットをさせていないのに痩せてたりフードを変えたら太ったり、あるいは家族の誰かがコッソリオヤツをあげてたりとかが、体重測定で判明することも多々あります

 

小型犬の体重は何十グラムまでわからないと困ります

自宅の体重計だと何百グラム迄しかわかりませんよね

パピーハウスの測定器はベビースケールなので細かく測れます

但し難点は動き回るワンコだと測定不能になってしまいます

落ち着いてる頃合いを見て測りますが、残念ながら元気な子は測定不能でお返しします

シニア犬は、皆じっとしているのでほぼ正確に測れます

 

ご近所の方なら、散歩ついでにお立ちより頂ければ無料で測ります

遠慮なくスタッフにお声がけください

シニア犬は気がつかないうちに痩せていることが多いです

早めに対処すれば病気の手前で対処できますよ!