11月17日 犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

2018/11/17

犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はプードルのプー君です

性別 男の子

年齢 10歳3か月

プー君は、様々な病気を持っていて常に通院しています

最近増えた病気は糖尿病です

毎日飼い主さんがインシュリンを注射しています

現在の体重は7キロ(プー君は骨格が大きいので6キロ台が理想体重)

プー君が糖尿病を発症したのは今年の初めです

その時の体重が10.06キロでした

肉球がガサガサして、肛門周りの皮膚もただれていました

マイクロバブルの汚れも酷かったです

そこからダイエットが始まり現在の7キロになり、そこからは中々減りません

プー君の糖尿病は高カロリー、高塩分、運動不足が原因です

今はインシュリンで体調維持していますが骨ももろくなり骨折の心配もあります

目も合併症で白内障になりました

飼い主の皆さまへ

動物を糖尿病にしてしまうのは100%飼い主の責任です

稀に病気の副作用であったり、薬の副作用でなることもありますが、ほぼ原因は食事です

手作り食ではなく、人間と同じ物与えてる方はいませんか?

食パンにジャム付けて食べさせてませんか?

毎日、果物を人間と同じ量を与えてませんか?

塩分の濃いラーメンを分け与えてませんか?

お茶の時間にワンコにもお茶菓子あげてませんか?

太ってるワンコがお散歩行きたがらないという理由で外に連れ出さない飼い主様はいませんか?

アイスクリームを毎日あげてませんか?

思い当たる飼い主様はご自分のワンコやニャンコの適正体重知ってますか?

一つでも思い当たる事がありましたら、今日から生活改善させましょう!

プー君は体重が減って来たら肛門周りの皮膚の変色が薄くなって来ました

マイクロバブルの汚れも軽減してきました

このままいけば、インシュリン注射が止められるかもしれません

マイクロバブルは健康のバロメーターです

一度マイクロバブルを試してみませんか?

皆様のご予約お待ちしてますsmiley