12月16日 病気療養中のマイクロバブル(東京豊島区パピーハウス)

2018/12/16

病気療養中のマイクロバブル(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様はシーズーのももちゃんです

性別 女の子

年齢 12歳1か月

ももちゃんはかなり若い頃からアレルギー症状が出てお薬、食事管理などで経過を診てきましたが今年初めに腫瘍が見つかり手術をしました

手術の前後はステロイドを服用していたので一時的に皮膚の状態が良くなりました

しかし術後の経過も良いのでステロイドは中止

皮膚も一気に悪くなりました

痒み、フケ、脱毛が始まりました

体臭も強くなりました

マイクロバブルの汚れもマックスに近い汚れです

ももちゃんは又新たな腫瘍が見つかり、今回は手術ではなく新薬の服用で頑張ってます

命優先なので皮膚の悪さは、どうしても二の次になります

パピーハウスでお手伝い出来るのは皮膚疾患用のシャンプー(アフロートVET低刺激シャンプー)で洗い、マイクロバブルに入れてあげる事だけです

これをすると暫く痒みが軽減されてます

本当はご自宅でもシャンプーされるのがいいのですが病気治療が優先ですから難しいですね

 

もし、ご自宅で何か病気治療中の子で皮膚トラブルのある子とお暮らしの飼い主様がいらしたらマイクロバブルお勧めです

勿論、獣医師がシャンプーしていいと言われた子に限ります

 

動物は痛みより痒みの方が我慢できません

痛みはじっとこらえますが、痒みは搔き壊しになって二次感染を引き起こす事が多いです

ステロイドで一時的に抑えるのは根本的には解決しません

酷くなる前に対策を練りましょう!!

パピーハウスはいつでもご相談にのりますよ!!