1月6日 元保護犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

2019/01/06

新年明けましておめでとうございます

本年もパピーハウスをよろしくお願いいたします

 

新年一番のお客様はウエスティのとわちゃんです

性別 女の子

年齢 13歳

とわちゃんは元繁殖犬として使用されていたワンコらしいです

何回子供を産んだのかは不明です

初めて無麻酔歯石除去をした時は、口には出せないほどの大量の歯石でした

今の飼い主様は最良のフードを選んでいますが、繁殖犬としての期間に安価なフードを与えられていたのは想像が付きます

勿論歯磨きの習慣もありません

今では2か月に1度のペースでトリミング&歯石除去のセットでご来店くださるのでかなり綺麗になりました

しかし、自宅では歯磨きが出来ないそうなので食べかすは毎回大量に付いてます

犬は成長期に食べるフードの大切さ

歯の手入れの習慣の大事さ

つくづく感じます

ましてやとわちゃんは出産しているので栄養分が足りなかったと思われます

しかしながら、とわちゃんは持って生まれた丈夫な体があり13歳まで健康に過ごせています

一般家庭でワンコを出産される方も多いかと思いますが、母犬のケアをしっかりしてあげてくださいね

カルシウムをしっかり摂らせ、妊娠中は高カロリーの栄養を補充して適度な運動を心掛けてください

妊娠中も歯磨きの習慣は継続です

出産後は母乳で栄養分が失われるので歯がボロボロになります

歯が弱くなってると気付くのは数年後でしょうか

 

パピーハウスにトリミングで来店しているプードルの親子がおります

年齢差は2歳くらいですが母犬はもう既に無麻酔歯石除去のお客様です

このように数年後に差が出ます

若いうちから歯磨きの習慣を付けていれば無麻酔歯石除去の施術もシニアになってからで済みますよ!

 

パピーハウスには歯磨きグッズやサプリがありますので新年のお買い物に是非、ご来店くださいませsmiley