1月17日 ダックスのホテル(東京北区パピーハウス)

2019/01/17

ダックスのホテル(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はダックスのシュウ君とユキちゃんです

性別 シュウ君 男の子

   ユキちゃん 女の子

年齢 シュウ君 8歳7か月

   ユキちゃん 5歳1か月

お二人との付き合いは今から1年半前からです

突然或る日、ご予約が入りました

遡る事、??20年?以上前にダックスのジョン君をお預かりしていたご縁でパピーハウスに来てくださいました

当時のカルテは処分してあるので正確な年数は不明です

その後、雑種の中型犬のリク君を飼われ旅行の時はリク君だけお預かりしていました

そして1年半前からリク君と3頭でのホテル利用が始まりました

残念ながらリク君は1年2か月前に亡くなりました

 

リク君亡き後も、シュウ&ユキでご利用していただいてます

 

3頭には、それぞれ癖がありました

リク君は慣れない人間には噛むことがありました

おそらく他店では預かってもらえなかったのでしょう

シュウ&ユキ達はダックス特有の大きな鳴き声が問題でした

日中はオールフリー

排泄も失敗が多かったですがストレスを極力かけないようにしていました

夜のハウスもかなり大きな吠え声でしたが一晩中鳴いていないので気にはなりませんでした

シュウ&ユキはトリミングは別のサロンさんでしています

きっと、そこはホテルはしないサロンさんなのでしょう

これからも二人のホテルは大歓迎です

トリミングサロンの中には、大家さんやご近所からの鳴き声の苦情があるお店も多々あります

そうすると少しでも鳴く子は預かれないのでしょう

パピーハウスは大家さんの理解が深いのと隣がマンションの為気密性が高いため鳴き声が聞こえないらしいので32年間、苦情は1件もありません

だからと言ってむやみに吠えまくる子は、その子自体体調を崩すので

そういう子はペットシッターをお勧めしています

 

我が子を預ける場合、先ず性格を把握してから預け先を判断しましょう!!