1月28日 元保護猫のシャンプー(東京板橋区パピーハウス)

2019/01/28

元保護猫のシャンプー(東京板橋区パピーハウス)

本日のお客様は日本猫(長毛)の山葵(ワサビ)君です

性別 男の子

年齢 1歳5か月

山葵君は保護猫で今の飼い主様が1週間前に引き取り暮らしているそうです

一見、とても綺麗で毛玉一つないように見えました

性格はとてもおとなしく優しい子だそうです

ところが先住猫が山葵君の事を中々受け入れてくれないそうです

その原因の一つとして臭いがキツイ事が考えられます

臭いというより、保護施設のたくさんの猫達の匂いがするからだと思われます

先住猫ちゃんは、山葵君の体臭から何十匹の猫のオーラを感じてるのですから、不気味なはずですね

山葵君はシャンプーに馴れているのか、元々おとなしいのか、一切逆らわず終了しました

自宅に帰ってから今度はシャンプーの匂いで先住猫ちゃんが怒るかもしれませんが、時間が経てば納まると思います

 

先住猫がいる方が保護猫を引き取るのは相性もあるので難しいとは思いますが問題点を一つ一つ解決していけば希望はあります

 

先住猫ちゃんが吐いたり、食欲が無くなったりと著しく体調を崩すようであれば、後から来た子はお返しするしかありません

そうでなければ根気よく飼い主様が頑張ってください

保護猫ちゃんをケージに入れて別の部屋で暮らし、先住猫ちゃんに馴れてもらう方法もありかと思います

 

最初は仲が悪かった猫達が今ではべったり仲良しになってるお家もあります

引き取った愛護団体の方から色々アドバイスを聞いて頑張ってください

山葵君のお家からは悪い報告は受けていないので、うまくいってると思います

しつこい体臭でお困まりでしたら一度パピーハウスにご相談ください

出来る限りのお手伝いはさせていただきますね!