2月8日 犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

2019/02/08

犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様はヨーキーのクッキー君です

性別 男の子

年齢 10歳11か月

クッキー君の歯石除去の施術は今年で3年になります

トリミングの時にお口チェックをしてその都度判断するように任されております

歯石除去の間隔は2か月に2度のペースになっています

施術しない時は歯磨きだけトリミングにプラスしています

3年続けているとさすがに歯石の付き方が減りました

ご自宅で歯磨きが出来ればもっと綺麗さを維持できるのですが、難しいようです

クッキー君のように根気よく続ける飼い主様は殆どいません

次回来店の時には、前以上に酷くなってる子も多いです

或いは、一度綺麗になると二度とお見えにならない方もいらっしゃいます

歯のお手入れは毎日の継続が大事です

パピーハウスで歯石を取っても自宅で歯磨きが出来なければすぐに歯石が付き歯周病や歯茎の出血に繋がります

100歩譲って無麻酔歯石除去が度々来れないのであれば歯磨きや歯茎マッサージを毎日続けてください

 

ワンコが嫌がる場合は、歯磨き後にご褒美をあげるとか遊んであげるとか何か工夫をしてみましょう!

 

ワンコの中には無麻酔歯石除去に最初は噛みついてきた子が次回は怖くないと理解して無抵抗になる子もいます

 

反対に最初は、無抵抗だった子が段々歯をむき出すようになり最後は噛みつくようになる子もいます

 

それでも出来る限り短時間で施術させていただきます

 

最近は左手の薬指は噛み傷で血だらけになってます(笑)

 

飼い主様が噛めば止めると思うワンコは、最初様子を見ていて段々噛んでくるようです

勿論止めませんが噛みつかない子ほど綺麗に施術は出来ません

スケラーでワンコのお口を傷付けない事が一番大事なので、10~20分で終了する事になります

クッキー君も最近は多少牙を見せるようになりましたが何とか出来てます

料金は¥2160とお安いですが施術は精一杯丁寧にしております

ですからご自宅で少しでもお手入れの継続をしていただけるとトリマーとして嬉しい嬉しく又次回頑張れますsmiley