2月25日 犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

2019/02/25

犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はミックス犬のトッポ君です

性別 男の子

年齢 7歳9か月

トッポ君は以前も記事でアップしましたがポメラニアンの血が入ってるミックス犬です

ポメラニアンは成犬になると皮膚のトラブルが現れやすい犬種です

トッポ君は痒みが酷くなった頃からマイクロバブルに入るようになりました

勿論動物病院でも診ていただいてます

しかし一向に良くなりません

それどころか体全体が脱毛が始まりボディだけ薄くなってしまいました

現在は動物病院から処方されてるサプリを服用しているそうです

毎回マイクロバブルの汚れは激しいです

これは被毛の汚れではなく毛穴の汚れです

本当はセカンドオピニオンがお勧めですが、飼い主様の気持ちが動かないのであれば今出来る事をやるだけです

 

パピーハウスではマイクロバブルに入っていただく

サプリメントはニュートリショントリーツの皮膚&被毛を毎日1個食べてもらう

痒みや脱毛してる箇所にマイクロシンのジェルを塗っていただく

この3つを実践していただいてます

人間の場合は皮膚のトラブルはお薬や成長と共に免疫力がアップして軽減されることが多いですが動物の場合は加齢とともに悪化します

早いうちに有効な手当てをしないと、トッポ君の場合はボディだけ禿げる可能性があります

毎回マイクロバブルの汚れを見ていますがサプリや薬の効果がある子は汚れが少なくなります

マイクロバブルとは皮膚のダメージの指針ともなります

もしポメラニアンを飼っている方で我が子に心当たりがある方は一度マイクロバブルに入ってみませんか?

そこから動物病院へ相談して検査してもらうのも手立てかと思います

お電話で予約お待ちしておりますwink