2月26日 猫のホテル(東京板橋区パピーハウス)

2019/02/26

猫のホテル(東京板橋区パピーハウス)

本日のお客様はマンチカンの大福ちゃんです

性別 男の子

年齢 1歳7か月

大福君はパピーハウスホテル利用は今回で5回目です

初回からホテルに抵抗なく元気はつらつな男の子です

犬の鳴き声にも動じず食欲旺盛です

今回は2泊でしたが通常は3泊から長い時は9泊です

その間、狭いハウスに閉じ込めているのは不憫です

しかし猫はケージに入れておかないと脱走する可能性があります

或いは出された恐怖で凶暴になり捕獲出来ない可能性があります

猫専用のホテルでしたら犬の匂いが無いので猫が怯える可能性が低くなります

そして何よりハウスの造りが犬と違います

犬の場合は平行運動なのでハウスも広げる場合は横を広げる設計になります

猫専用ハウスは2階建てとなります

残念ながらパピーハウスは犬仕様です

ですから猫のホテルの依頼があると狭い事を必ずお伝えします

猫専門ホテルをお勧めしています

ましてや年末年始は犬のお預かりが多いので初めての猫ちゃんはお断りしています

 

大福君の場合、同居動物が犬2頭です(笑)

性格もフレンドリーで他の犬を見ても意に介さない不思議な猫ちゃんです(笑)

性格も把握出来た頃から、トリミングが無い時間帯は写真のようにトリミング室だけ解放して我々スタッフ達が遊んであげます

約30分ほど激しく遊ぶと疲れるらしく床やテーブルの上で寝てしまいます(笑)

因みにパピーハウスには看板猫の乙女(マンチカン)がおります

大福君のように猫がお泊りに来る期間は自宅でお留守番させますのでご安心ください

このようにフリーにする猫ちゃんはあくまでも大福君のようにフレンドリーな性格と我々と気心が通じる猫ちゃんだけです

長期で猫を預ける時は猫専用ホテルをお勧めします

猫からしたら一度も来た事のないサロンに置いていかれたら怖いはずです

犬の鳴き声も怖いはずです

猫専用ホテルが近くに無ければペットシッターさんを頼みましょう!