3月1日 大型犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

2019/03/01

大型犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様はボルゾイのピスタチオちゃんです

性別 女の子

年齢 5歳11か月

ピスタチオちゃんとのおつきあいは生後10か月頃からです

その頃は歯は眩しいくらい真っ白でした(笑)

初めての歯石除去は昨年の6月でした

今回は3回目です

以前ブログ記事に書きましたがパピーハウスは原則大型犬の無麻酔歯石除去はしません

それは女性スタッフでは大型犬の保定が出来ません

依頼があった場合、飼い主様に保定をお願いしています

ピスタチオちゃんの場合は飼い主様の保定がありません

何故できるのか?

それは毎回シャンプーと併用しての依頼だからです

ピスタチオちゃんがシンクに入るとお口の位置が私の腕のベストポジションに来るのです!

そして後ろでスタッフが抑えると体がシンクにはまって逃げられません

後大事なのは5年間の付き合いの深さでしょう

ピスタチオちゃんが我々を信頼してくれてます

これが一番ですね!

大型犬は嫌がって軽く首を振っただけで物凄い力です

非力な女性では押さえられません

信頼関係があるピスタチオちゃんは、殆ど抵抗しません

 

パピーハウスに一度もお付き合いの無い大型犬の無麻酔歯石除去の依頼は必ず飼い主様の保定があるワンコのみとさせていただきます

 

少しの歯石の場合は毎日の歯みがきで増える事を防ぎましょう!

口臭が気になる場合は歯槽膿漏や歯周病の疑いがあるので動物病院の受診をお勧めします

ピスタチオちゃんのお家は歯磨きが出来ないそうです

大型犬の場合は子犬時代から歯磨き練習が大事ですよ!!