3月5日 プードルのトリミング(東京北区パピーハウス)

2019/03/05

プードルのトリミング(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はプードルのレイノアちゃんです

性別 女の子

性別 12歳5か月

レイノアちやんは月に一度トリミングに来店してくれます

そして年に4~5回ホテルも利用してくれます

かなりの常連さんです

そして、とても寂しがりやで甘え上手です

トリミングの要望は丸くふっくらなテディベアカットです

ですからボディのカットにはバリカンは使いません

仕上がっても飼い主様にお渡しするまで触らないように気をつけております

しかし私が椅子に座ると膝の上に乗ろうとします(笑)

レイノアちゃんは、昨年靭帯の手術をしています

ジャンプは厳禁です!

でも、お家では飛んだり跳ねたりしているそうです・・・

パピーハウスでは仕方がないので体を持ち上げて抱っこするしかありません

写真のように私の膝の上で毎回寝ながら飼い主様を待つレイノアちゃんです

もうじき13歳になるレイノアちゃんです

これからも健康で長生きしてほしいです

靭帯の手術をしてから、トリミングテーブルで立っているのが辛いようです

本当は体はバリカンカットが膝に負担がかからないので、飼い主様に様子を見ながらお勧めしたいと思っています

 

シニア犬のプードルと暮らしている飼い主様へ

シニアになったらカットスタイルは見栄えより体の負担が少ないスタイルに変更しましょう!

もしかしたら寝たきりになる可能性も出てきます

プードルのカットスタイルは臨機応変に変えていくのが良いと思います

カットスタイルのご相談お受けしますよwink