3月28日 元保護犬のトリミング(東京豊島区パピーハウス)

2019/03/28

元保護犬のトリミング(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様はミックス犬の一二三(ヒフミ)君です

性別 男の子

年齢 推定5歳

一二三君は前橋の愛護センターに収容されていた子です

保護団体のあに☆らいつが引き出し現在の飼い主様の元で飼われています

犬種は、おそらくパピヨンが入ってると思われます

実は一二三君は、新しい飼い主さんに馴れ始めたらワガママが出始めました

自分が嫌な事には噛みつくようになってしまいました

勿論、トリミングも好きではないので突然噛んでくるようになりました

我々トリマーは、そういう子には慣れていますので口輪などを利用してトリミングしますので大丈夫です

問題は飼い主様ですね

もうご自宅ではシャンプー出来ないそうなので今回から体も四足も尻尾も短くしました

体は2ミリのバリカンで刈りました

四足、耳、後頭部は3ミリのバリカンを使用しました

お顔は頬を2ミリのバリカンで刈ってお口周りはハサミでお髭を残すイメージでカットしました

これなら1~2ヵ月シャンプー出来なくてもタオルドライでしのげることでしょう

一二三君の怒りのポイントがどこなのか?

我々にも把握できないので常に二人係でトリミングします

一二三君に「こいつらには噛みついても洗われる」と認識してもらえれば大成功でしょう

性格は、簡単には治りません

一番手っ取り早いのは訓練に出すことですが、先ずは信頼関係と上下関係をしっかり一二三君に理解させることでしょうね

飼い主様も一二三君を手放す気持ちは無いのでパピーハウスは、これからもトリミングでお手伝いを続けていきます!

 

パピーハウスは、どんな噛みつきの子でもトリミングするわけではあ

りません

身の危険を感じる凶暴な子

飼い主様がその子の為に改善できるよう努力しない

このようなワンコは、申し訳ありませんがお断りしております

生まれつき悪魔なワンコはいません

病気でない限り、人間が悪くしたのだと思います

努力すれば、必ず天使に戻れますよwink