4月14日 犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

2019/04/14

犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様はダックスのパンチ君です

性別 男の子

年齢 15歳11か月

パンチ君はパピーハウスの常連さんですsmiley

数年前に豊島区に引っ越しされてパピーハウスに通ってくれてます

パピーハウスは北区です

しかしパンチ君の自宅からは徒歩で5分ほどの近さです

飼い主様は高齢な方なので今現在はパンチ君を自転車の前籠に入れて自転車には乗らず押して来店されてます

飼い主様にはいつでも送迎いたしますとお伝えしてありますが、出来る限り自分で通いたいとおっしゃってます

素晴らしい考えですね!

パンチ君の歯石問題ですが、飼い主様が高齢者なので歯磨きは出来ません

今現在は半年に一度のペースで施術しています

トリミング時には毎回歯磨きはしております

しかしパンチ君の高齢に伴い歯石の付き方も早くなってきました

今回も40分の時間内では取り切れませんでした

取れたのは全体の70%でした

残りは次回のトリミング時に繰り越しました

問題は毎回無麻酔歯石除去をするとパンチ君の不愉快度が増します(笑)

時々、牙を向くようになりました(笑)

シニア犬は、殆どのワンコが我慢とういう事が出来なくなるようです

若い時は飼い主やトリマーに従順だった子が逆らうようになります

いかに若い時は我慢してた証拠ですね(笑)

パンチ君もいつまで無麻酔歯石除去をやらせてくれるか分かりません

今から我が子の無麻酔歯石除去を考えてる飼い主様へ

先ずは歯磨きから始めましょう!

そして歯石が付きだしたら少量の時にすぐお連れください

そうすれば短時間で済みます

是非、皆様のご予約お待ちしてますねwink