4月28日 犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

2019/04/28

犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はキャバリアのナオちゃんです

性別 女の子

年齢 11歳7か月

ナオちゃんは昨日の無麻酔歯石除去の記事の子です

キャバリアはトリミング犬種ではないのでトリミングの来店は年に1~2回です

全身2ミリのバリカンで刈り尻尾も2ミリでライオン尻尾を作りマイクロバブルで1年の毛穴の汚れを取ります

ナオちゃんの飼い主様はご自宅でシャンプーをされているのでマイクロバブルの汚れは、ほとんど出ません

でも、出なくても健康チェックのためにも年に数回マイクロバブルはお勧めです

今まで綺麗なマイクロバブルだった子がある日突然汚れが出た子もたくさんいます

原因はたくさんありますがいちばん多かったのはアレルギー発症です

こんな時は飼い主様に何かありましたか?と伺うようにしています

「そういえば、最近体を掻く」

「手足を舐める」

「目ヤニが出る」

飼い主様たちは言われて初めて気づくことが多いようです

特に犬を初めて飼った方は、犬はこういうことをするのかな?位に思うようです

例え気がついても、これくらいで動物病院に行くのは大げさかな?と思われるようです

そんな時、我々トリマーが一言アドバイスしてアレルギーや病気が発見できるお手伝いが出来れば嬉しいです

マイクロバブルは、そんな役に立つこともあります

健康な子がマイクロバブルに入った後はシャンプーの泡立ちがとてもよいです

つまりシャンプーが少量で済みます

シャワー時間も少なく手早くドライヤーへ移行できます

一度も経験ない方は試してみませんか?

パピーハウスをHPで検索されて初めてのトリミング時はトリートメントマイクロバブルのどちらかを無料でさせていただきます

予約時にどちらかの希望をお伝えください

スタッフ一同お待ちしてますwink