5月6日 猫のホテル(東京豊島区パピーハウス)

2019/05/06

猫のホテル(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様は日本猫のにゃーにゃちゃんです

性別 女の子

年齢 推定7歳

にゃーにゃちゃんは7年前に、お子さんが保護した猫ちゃんだそうです

初めましてのお預かりだと思っていましたが4年前に一度預かったことがあると言われました

大変失礼しました

パピーハウスはカルテの保存が3年間なのでうっかりしました

今回はお泊りは1泊でした

写真のようにハウスで固まっていました

持参のフードは一口も食べませんでした

一泊後の翌朝、にゃーにゃちゃんのトイレにオシッコがしてあり(´▽`) ホッとしましたよ~

うなり声も出さず、ただひたすら固まる姿は不憫でした

一晩、恐怖に耐えたのでしょう

にゃーにゃちゃんは、おそらくどこのペットホテルに預けても固まるでしょう

 

このような性格の猫ちゃんは家族の誰かが残って面倒を見てあげるのが一番だと思われます

それが不可能であれば、ペットシッターさんを依頼することをお勧めします

しかし自宅に入られるのが苦手な飼い主様もいらっしゃいますね

最悪一泊ならば猫ちゃんだけお留守番もできますよ!

清潔なトイレを2個用意します

新鮮なお水を2か所設置

フードは時間が来たらタイマーで開く容器がお勧めです

しかし普段からその食器に慣れていないと使えません

神経質な猫ちゃんであれば一気食いはしないと思うので、最悪別の場所に2~3か所フードを設置してみましょう!

独りぼっちで寂しくてフードを食べなくても自宅なら体を動かすはずです

狭いホテルのハウスで固まっているより猫ちゃんは快適だと思います

猫だけの留守番の時は、戸締りをしっかりしましょう

古い換気扇だと痩せてる猫ちゃんは逃げることができます

入っては困る部屋は施錠して出かけましょう

 

ゴールデンウイーク中に脱走する事故が多発しています

くれぐれも、動物ファーストで旅行を楽しんでくださいませsmiley