5月26日 犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

2019/05/26

犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

本日のお客様はティカッププードルのティアちゃんです

性別 女の子

年齢 4歳

ティアちゃんはティーカップサイズなので本当に小さいです

1年前からのお付き合いですが1.6キロです

1年前にトリミングとホテルの依頼があり、その時にお口を見たら小さな歯にびっしり歯石が付いていました

試しに一番大きな歯石を鉗子で欠いてみたら簡単に取れました

さすが小さな犬は度胸がいいです!

それで飼い主様に歯石を取ることをお勧めしました

1.6キロの子が麻酔に耐えられるかどうかが難しい問題です

今のうちに歯石を無麻酔で取る習慣を付けることが大事ですね

ティアちゃんは昨年の7月に初めての施術をして、次は11月

そして今回は5月です

間隔としては4~6か月に一度でしょうか

因みにティアラちゃんの前歯は既にグラグラです

いかに人間は、自分の利益や欲望のために1キロ台の小さな犬を作る困った生き物です!

嘆いていても仕方ないことなので、そんな小さな子を手に入れた人間は最大限の努力をしなければなりません

私もティアラちゃんと関わっている限りは出来る限りのアドバイスを続けたいと思ってます

ティアラちゃんの飼い主様は男性でブラッシングも歯磨きもしないそうです

しかしパピーハウスで動物病院へ行くようアドバイスすると、必ず実行してくださいます

飼い主もトリマーも自分の出来ることを継続していけば、こんな小さなワンコでも寿命を延ばす手伝いが出来ると思います

ティーカッププードルと暮らしている飼い主様は、今すぐワンコのお口の中をのぞいて見てくださいね

万が一、歯石が大量に付いていたら掛かりつけの動物病院に相談してください

動物病院でもサービスで鉗子で欠いてくれる先生もいます

無麻酔歯石除去で検索すればお近くでも施術する病院なり、トリミングサロンなりがきっと見つかりますよwink