6月4日 犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

2019/06/04

犬の無麻酔歯石除去(東京豊島区パピーハウス)

本日のお客様はダックスのルーク君です

性別 男の子

年齢 8歳11か月

ルーク君は以前の記事で無麻酔歯石除去でご紹介した子です

いつも定期的に施術していましたが、今回はお口の中の腫瘍があり動物病院で様子見でしたが、腫瘍と思われた物は消え久しぶりに無麻酔歯石除去に来店でしたね

あまりにも歯石の量が多すぎて8日後に再施術でした

今回はほぼ取り切れました!

ダックスは何故か歯石が付きやすい犬種です

ルーク君の同居犬のチワワのここた君は1歳違いですが歯石の量が少ないです

食事も同じ

オヤツも同じ

飼い主様は2頭とも歯磨きはしません

唾液の成分とか量なのかと思われます

 

ダックスを飼われてる飼い主の皆様へ

お口の中覘いてみましょう!

特に奥歯です

犬歯や前歯が綺麗な子は多いです

それで飼い主様は安心します

ある日、ワンコのお口のにおいが臭くて初めて歯石に気がつくことが多いです

お口が臭いのはもうかなり手遅れになってます

おそらく歯肉炎も始まってるかもしれません

その時点で動物病院に相談すれば麻酔で歯石取りを勧められると思います

決断は飼い主様です

あまりにも酷いと判断したら獣医師にお願いしましょう

しかし施術後、真っ白になった歯を見て安心する飼い主様がほとんどです

施術後が大事です!

動物病院の先生から歯磨きのOKが出たらその日から歯磨きを開始しましょう!

しなければ3~6か月で元通りになります

歯磨きセットはパピーハウスにも動物病院にも販売しています

パピーハウスは歯磨き指導も無料で致しますのでお気軽にお声がけくださいねwink