6月14日 犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

2019/06/14

犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

本日のお客様はダックスのワビスケ君です

性別 男の子

年齢 11歳

はじめましてのワビスケ君です

パピーハウスのHPから検索して遠方から来てくれました

11歳というシニアなので、それなりに歯石は付いていました

しかしママが歯ブラシで歯磨きをしてるそうなので食べかすもなくお口の中はある程度汚れは防げていました

歯石とは関係ありませんがワビスケ君はサマーカットされていたのでトリミングサロンには行かれてるのかと思いお尋ねしましたら、パパがバリカンでカットされてるそうです

ご夫婦でワビスケ君のケアをされてる様子が微笑ましかったです

 

しかし歯石問題は一度歯石が付いたらシートや歯ブラシでは取り除けません

歯石になる前は歯垢ですが、これもシートでは取れません

取れるのは歯磨きだけです

無麻酔歯石除去動物病院で全身麻酔で歯石除去を行ったら、どちらも毎日の歯磨きは重要です

特に動物病院で施術した場合は歯の表面に細かい目に見えない傷が付いてるので歯磨きを怠ると数か月で元通りになります

獣医師も施術後は必ず説明すると思います

ワビスケ君のようにシニアになると若いワンコに比べ歯石が付きやすいので少なくても半年に一度の来店をお勧めします

ワビスケ君のお家は歯のケアをしっかりされてるようですが水飲みの器が適してないようでした

今回リッチェルのウォーターノズル&デッシュをご購入していただきました

付属のボトルにメモリが付いていて飲んだ水の量が計測出来ます

そして器が比較的深いのでたっぷりお水が飲めます

お水が減るとボトルから水が補充されます

器に食べかすや、埃が浮いていたら器だけ外して洗えます

設置場所はサークルなどがお勧めです

歯の為には、いつでも新鮮なお水がたっぷり飲めることが大事です

皆様も検討してみてくださいwink