6月28日 犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

2019/06/28

犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はダックスのクー太君です

性別 男の子

年齢 18歳5か月

クー太君は、パピーハウスでの最高齢になるかもしれませんyes

年に3回ほどトリミングマイクロバブル無麻酔歯石除去のセットで来店してくれます

体重も骨格が大きいので常に6~7キロ台です

食べて太れるのはシニアとしては健康です

毎回マイクロバブルの汚れは少なめですが、たま~に物凄く汚い時があります

飼い主様に伺うと自宅で数か月シャンプーしてない時らしいです

シニア犬でも体調を見ながら付きに一度は軽くシャンプーしましょう!

最近は、足が弱って来たそうでお散歩はしてないようです

ですからマイクロバブルも汚れが出ませんでした

自宅シャンプーも月に一度されてるようです

しかしシニア犬になればなるほど外のお散歩は大事です

筋肉の衰えを防ぎます

朝日を浴びると体内時計も狂いませんよ!

クー太君の心配ごとがもう一つあります

ここ数か月左目の下が腫れています

もしかしたら歯石の菌がそこに飛んでいるかもしれません

一度、動物病院の診察をお勧めしました

内臓疾患が無く自分の足で歩ける健康なクー太君が歯の菌で寿命が縮むことが無いようにと飼い主様にはお願いしました

 

私事ですが依然暮していた愛猫が21歳で亡くなった原因が歯の菌でした

21歳では麻酔がかけられず歯の菌が肺に転移して数か月で天国へ旅立ちました

もっと歯を大事にしていればギネスも狙えるくらいの長寿になれたかもしれません

 

シニアになると若い時のような施術が出来なくなります

是非、そうなる前に飼い主様が気付いてあげましょう!!