7月4日 犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

2019/07/04

犬のマイクロバブル(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はプードルのケイ君です

性別 男の子

年齢 10歳

ケイ君は一昨年遠方に引っ越しして年に2回ほどの来店になりましたがマイクロバブルの汚れは少量です

おそらく飼い主様がシャンプーされているからだと思われます

しかしマイクロバブルの汚れは防げていますが毛玉が大量です

今回は4か月ぶりだったので毛玉は少量でした (´▽`) ホッ

因みに今回は無麻酔歯石除去も依頼されていましたが、大量過ぎて70%しか取れませんでした

次回は2ヶ月後の来店をお願いしました

引っ越し先の近くのトリミングサロンをお勧めしたのですが、有難いことにパピーハウスを選んでいただきました

ケイ君のように黒い毛色のワンコはマイクロバブルの汚れが酷い子が多いです

しかしプードルはあまりいません

よほどシャンプーをしないか、皮膚病などは別です

もしご近所のサロンにマイクロバブルが無くても無理に遠方まで通う必要はありません

特にシニア犬だと移動時間が長いとストレスを感じます

そして不慣れなサロンに通うこともストレスになります

一番大事なのはワンコの体調管理です

ケイ君の場合は子犬の時からパピーハウスに通い、他のサロンを知りません

性格も神経質で環境の変化に敏感な子です

だからサロンを替えない方がよい子かもしれません

ストレスがかかるとマイクロバブルの汚れが出る子もいます

ケイ君の場合は、引っ越しのストレスが出ずに汚れも出ませんでした

しかし、今までトリミングで唸ることがなかったのですが最近は時々牙を向きます

神経質な子に多いですね

早く新しい環境に慣れてくれますようにwink