7月21日 コーギーのトリミング(東京北区パピーハウス)

2019/07/21

コーギーのトリミング(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はコーギーのプーちゃんです

プーちゃんは前々日の無麻酔歯石除去、前日のマイクロバブルの記事の子です

性別 女の子

つまりプーちゃんの夏場のトリミングは歯石とマイクロバブルとトリミング必ずセットなんです(笑)

プーちゃんの皮膚が悪いのは、マイクロバブルの記事でもご紹介しました

毛の密度も濃い子です

毎回カットのご要望は短く!(笑)

特にわきの下は、皮膚が悪くなりやすい箇所なので1ミリでツルツルにします

全身は2ミリのバリカンカットです

しかし、それでは一見子豚ちゃん(笑)

道ですれ違った方々に笑われては不憫です(笑)

それで毎回頼まれてはいませんが、このように💛模様を作らせていただいてます

飼い主様から一度も止めて!とは言われたことがないので、勝手に毎回💛です(笑)

このカットはプードル、ポメラニアン、柴、など毛が立つワンコにはお勧めです

位置的には尻尾の付け根の上あたりに作ります

ですから夏場でも暑く感じません

サマーカットで全身バリカンで刈って首回りの毛をライオンのように残すカットを見かけますが、あれはワンコにとって暑苦しいのです

人間で例えれば、裸にマフラーをしている状態です

わかりますよね?

人間は真夏の暑い時、首に冷却の冷えピタみたい物巻きませんか?

ワンコも同じです

サマーカットの落とし穴です!

どうか首回りは短くしてあげてください

そしてお腹もツルツルがベストです

冷えた床にお腹をつけて寝ているワンコ見かけませんか?

せっかくの冷えた床なのにお腹が毛でもじゃもじゃだったら涼しさを感じません

そろそろ梅雨明けが近づきサマーカットを考えてる飼い主様へご参考になりますようにwink