8月8日 犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

2019/08/08

犬の無麻酔歯石除去(東京北区パピーハウス)

本日のお客様はアイコちゃんです

性別 女の子

年齢 12歳11か月

パピーハウスでは大型犬の無麻酔歯石除去は原則しません

例外として

比較的躾がはいっていて飼い主様が保定をしてくださること

あるいは常にパピーハウスでトリミングをしている子(シャンプー前のシンク中に歯石除去をする。そうすると大型犬でも動きが制限されるので出来ます)

アイコちゃんは生まれて初めての経験でしたが、8か月パピーハウスに通っていたので協力的でした

年齢ももうじき13歳になるので落ち着きがあり穏やかです

大型犬の場合、硬いガムを噛んだりお水を大量に飲むので比較的歯石が付きにくいです

アイコちゃんも時間的には2~30分で済みました

日頃から歯磨きの習慣があると、大型犬は生涯歯石除去をせずに済む子も多いと思われます

子犬の時から歯磨きの習慣を付けると後々、とっても楽ですよ

大型犬の寿命は、小型犬と比べると短い犬生かと思われます

その短い時間を歯石で苦しい思いをさせないよう飼い主様が頑張ってほしいです

パピーハウスで、出来ることはお手伝いします!

アドバイスも出来る限りさせていただきます!

後は、それを実践するのは飼い主様です

ワンコがお口を開けた時に「臭い」と感じたら既に遅いです

大型犬は牙が大きいので万が一噛まれたらトリマーの指は使い物にならなくなります

日頃から飼い主様がお口のケアをしていると他人に指を入れられても噛んだりしない子になります

アイコちゃんは元々従順な性格だそうです

ですから、何とか出来ました

無麻酔歯石除去を依頼する前に、わが子の性格や躾を踏まえてからご相談くださいませ(__)