8月15日 犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

2019/08/15

犬の無麻酔歯石除去(東京板橋区パピーハウス)

本日のヨーキーのルル君です

性別 男の子

年齢 15歳9か月

ルル君は、今回初めましてです

もうじき16歳を迎える子ですが、とても元気そうで若々しい雰囲気でした

しかしシニア犬は、いつ体調を崩すかわかりませんので慎重に施術いたします

飼い主様は、もしかしたら噛みつくかもしれないと報告があったので二人係で始めました

写真でわかるか不明ですが、今までの無麻酔歯石除去の中で史上最高の歯石の量でした

言葉で言い表すと「歯石の上に歯石がかぶさってる」状態です

これで噛みつきます(笑)

まさに動物病院での施術の範疇です

しかし、もうじき16歳の子に麻酔のリスクは高すぎます

一切スケラーは噛みつくので使えません

仕方ないので全て鉗子で割っていきました

不思議なことに鉗子には怒りません

そして、驚くことにグラグラの歯がありませんでしたsurprise

最終的には40分の時間内でお95%歯石が除去されました\(^o^)/

鉗子は3本使いました

分厚い歯石用

薄い歯石用

歯石も歯が立たない箇所用

私もまさか鉗子を使い分けることがあるとは今まで想像もしませんでした(笑)

ただし細かい箇所はスケラーでした取れないので、残り5%は諦めました

もちろん、飼い主様は大喜びでした(´▽`) ホッ

因みにご自宅ではお手入れは無理だそうです

ルル君の場合、スケラーを使えないので少量の歯石だと鉗子は使えないので大量に溜まらないと取れません

年齢を考えると後1回出来るかどうか微妙です

歯ブラシもガーゼも使えないとなると、お勧めしたのは「歯磨きを食べる」と言うタブレットサプリです

これで多少、飼い主様の心の負担が軽くなりますように!

因みにこのタブレットは寝る前に1粒与えるだけです

65粒入りで¥1188

メーカーはトーラス

ダメ元で使ってみてはいかがでしょうか?