11月11日 シニアヨーキーのトリミング(東京北区トリミングサロン)

2019/11/11

シニアヨーキーのトリミング(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はヨーキーのるい君です

性別 男の子

年齢 11歳4か月

るい君は今まで自宅近くのトリミング学校のモデル犬でした

その学校は10歳までしかトリミングはしてくれないそうです

ただしるい君は元気で年齢よりも若々しいので特別に1年延長してくれたそうです

るい君のママはネット検索でパピーハウスにたどり着き、7か月前に初めて来店されました

その時はトリミングプラス無麻酔歯石除去の施術でした

今年に入って2度目の来店時にも無麻酔歯石除去の施術を依頼されました

この時からるい君は後ろ足をケンケンしていて、十字靭帯の損傷があるそうです

手術するかどうかは検討中だそうです

因みに11歳ってパピーハウスでは若手です(笑)

るい君のように若い時からトリミング学校でシャンプーしていた子が、いきなり知らないトリミングサロンに来たら不安でしょうね

因みにるい君は爪切りをすると噛みついてきます

初回は噛まなかったので様子を見ていたのでしょう

仕方ないので爪切りの時だけ口輪をしました

次回の予約をいただいているので、爪切りが口輪無しで出来ることを願ってます

私がトリミング学校の生徒だった頃は、子犬から老犬まで幅広くモデル犬がいました

噛みつきの子も断っていませんでした

お陰様で学校を卒業して就職しても幅広いワンコと接してもビビりませんでした(噛まれるのは慣れませんけど)

 

トリミング学校のモデル犬の飼い主様へ

以前も記事に書きましたが、学校の方から卒業を言い渡される前に別のトリミングサロンを決めておきましょう!!

二つのサロンを交互に通いワンコがシニア犬になっても慣れさせておけば精神的ストレスが軽減されますよ!

勿論、トリミングサロンには事情を説明しましょう

殆どのトリミングサロンはウエルカムのはずですsmiley