12月12日 シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

2019/12/12

シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのゆずちゃんです

性別 女の子

年齢 13歳2か月

ゆずちゃんとのお付き合いは子犬時代からなので約13年です

あっという間に13歳になり月日の速さに驚いてます

写真でお分かりのように、ゆずちゃんの目は真っ白です

しかし、多少は見えている様子なのでトリミングテーブルでも動いたり歩き出したりはいません

子犬の時からゆずちゃんの事は知っているので、シニアになってもお互い安心してトリミングが出来ています

 

カットスタイルは子犬時代から変わらず体は8ミリで刈ります

お顔はテディベア

四足はハサミ仕上げです

そしてトリミングの他にマイクロバブルは必ず入っています

ゆずちゃんは食物アレルギー(ビーフ)なのでマイクロバブルに入ると大量の汚れが出ます

毛質も少し皮脂が強いです

仕上がりはサラサラになりますね

そして何か月かに1度無麻酔歯石除去も依頼されてます

子犬の時のゆずちゃんは、痒みが出ると自分の手足の毛をちぎっていました

ちぎった箇所がカサブタになり、そこから生える毛が毛質が硬い毛が生えて色も違う色になっていました

今では原因がビーフとわかったのでビーフ系のフードを排除するだけで痒みが出なくなり毛もむしりません

飼い主様がアレルギー検査をしてくださったお陰で酷くならずに済んだ例です

もし、ゆずちゃんのような症状が出ているワンコの飼い主様へ

早めに動物病院に相談しましょう!

因みにアトピーやアレルギーのワンコにはマイクロバブルお勧めです

ゆずちゃんは、トリミングが終わったら飼い主様がお迎えに来るまでは店内フリーにしています

目が白濁していますが、どこにもぶつかる事はありません

しかし、これから視力低下が進んだらフリーにせず、犬舎で待ってもらう事に致します

パピーハウスは、少しでもシニア犬が快適に過ごせるよう

これからも考えていきたいと思っております(__)