12月19日 シニアシーズーのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2019/12/19

シニアシーズーのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はシーズーのフクちゃんです

性別 女の子

年齢 9歳4か月

フクちゃんは今年の5月にパピーハウスのお客様からの紹介で来店されました。

飼い主様曰く、当時通っていたトリミングサロンは動物病院内のサロンだったのでフクちゃんが嫌がっていたそうです。

おそらく病院で手術経験もあるそうで、怖かったのでしょうね。

犬の9歳は、一応シニアの枠に入ります。

フクちゃんと初めて会った時は、体重が9.12キロでした。

太り過ぎで、足がガクガクしていました。

見るからに老犬でした。

5月の爽やかな季節でしたが、息もハアハアで苦しそうでした。

因みに尿石の手術経験があり、肉球の皮膚も真っ赤でジクジクしていました。

シャンプーはノルバサンを使用しています。

フクちゃんは1年中ハアハアしているそうなので体は3ミリのバリカンで刈り短い状態をキープすることにしました。

そしてこの記事を書いた日の体重は7.91キロ

何故半年で1.21キロもダイエット出来たのか?

それは飼い主様がドッグフードを大量にあげていたからですsurprise

パピーハウスで適量のフード量をお伝えしました。

そこからグングン体重は減少していき、実は本日12月19日のトリミングで計測したら・・・7.39キロになっていましたsurprise

反対に減量が多すぎるので、今回からフードを2g増量するようにお伝えしました。

犬のダイエットは緩やかに減るのがベストです。

そしてフクちゃんの目標体重は6キロ台です!

後2か月で40グラム減ることのが理想です!

因みにフクちゃんは既にハアハアは無くなりました\(^o^)/

肉球の皮膚のジクジクも殆ど解消されました\(^o^)/

人間も動物も太り過ぎは大敵です!!

フクちゃんは現在9歳ですが、初めて来店した時より若返りましたよ~

太り過ぎのワンコの飼い主様へ

適正なフードの量を計量していればワンコは太りません!

因みにフクちゃんは尿石なのでオヤツも厳禁です!

フードを減らしてもオヤツで太らせないように注意ですね!

フードの量がわからない場合は、いつでもパピーハウスへご相談くださいませ(__)