1月24日 ポメラニアンの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン)

2020/01/24

ポメラニアンの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン

本日のお客様はお客様はポメラニアンのハル君です

性別 男の子

年齢 10歳11か月

ハル君はトリミングの時は毎回歯磨きをセットにしていましたが、1年前から歯石がかなり付き始め無麻酔歯石除去を開始しました。

今では2か月ごとに無麻酔歯石除去を依頼されるようになりました。

歯石を取った後はお口が臭くないと飼い主様は喜ばれてます。

しかしご自宅で歯磨きが出来ないそうなので歯石は毎回付いてます。

一番酷く付くのは上の奥歯です。

とても小さい歯なので毎回鉗子で欠いてスケラーで取り除きます。

ハル君は一度だけ噛みついてきましたが、それっきりです(笑)

とても賢いワンコなので噛みついても無駄だと悟ってくれたのでしょう(笑)

施術時間は短い時で15分

長い時で30分で終了します。

保定も無しで出来ますが、軽く押さえてもらうと時短できるので毎回保定してます。

ハル君自体保定があった方が安心してる感じを受けます。

因みにパピーハウスでは保定者が付いても料金は変わりませんのでご安心くださいませ(__)

ポメラニアンの歯石除去の依頼は非常に少ないです。

おそらく今、ワンコのブームはプードルとチワワだからでしょうか?

パピーハウスでも、ポメラニアンのトリミングは数頭しかいません。

ペットのブームが無くなることを願います。

飼い主様もブームで選ぶのではなく、自分や家族に合うワンコやニャンコを熟慮して探してみませんか?

そして選んだ子は、子犬の時から歯磨きの習慣を付けましょう!!