3月19日 多頭飼いのペットホテル(東京北区トリミングサロン)

2020/03/19

多頭飼いのペットホテル(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのモコちゃんとチワワのラック君です。

性別 モコちゃん 女の子

   ラック君 男の子

年齢 モコちゃん13歳

   ラック君10歳

モコちゃん達の同居動物は先日の記事にアップしたマンチカンの大福君もおります。

毎回3頭でのお預かりです。

年に3回ほど、お仕事や旅行などでお預かりいたします。

お付き合いは今から3年前からです。

今では全員の気心もわかり、日中はできる限りフリーにしています。

この写真は年末年始の時なので、パピーハウスは営業していませんので朝晩の数時間だけフリーにしていました。

モコちゃん、ラック君共々食欲旺盛でお正月のペットホテルは犬舎生活が長く、預かる私も不憫で申し訳ないのですが元気いっぱいで助かります。

時々オヤツでもめて2頭のバトルはありますが、自宅と同じ態度を見せてくれることに私は感謝しています。

3年の付き合いが、私に心を開いてくれた証拠と思っております。

今回はペットホテルだけでトリミングのご依頼はありませんでしたが、1月末にトリミング&マイクロバブルのセットで来店してくれました(__)

気になる点が1点ありますので、書かせていただきます。

パピーハウスは、トリミングの来店の子は全員体重測定をします。

結果は飼い主様にお伝えします。

気になる点は、モコちゃん、ラック君共々体重のアップダウンが激しいのです。

例えば、初めてペットホテルで預かった時、二人ともガリガリだったので預かり日に体重測定をして飼い主様から依頼されたフードの量を増やしました。

次回の時は、何と二人合わせて1130g増。

ところが今度は増えすぎて、ある時はラック君が850g増になりチワワなのに4キロ強になりました(-_-;)

それを飼い主様に伝えると次は280g減。

その次は330g減。

このようにアップダウンが激しいと体調を崩しやすくなります。

勿論、その都度飼い主様にお伝えしてます。

一番大事なのはフードの量を目分量ではなく計量計で測る事!

皆様も是非、毎回毎食計ってくださいませ(__)