4月26日 シニアプードルのトリミング(東京板橋区トリミングサロン)

2020/04/26

シニアプードルのトリミングサロン(東京板橋区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのあいちゃんです。

性別 女の子

年齢 16歳8か月

あいちゃんは現在、心臓弁膜症と腎臓の悪化で通院しています。

獣医師からはトリミングの許可が出ています。

しかし短時間で仕上げねばなりません。

トリミングスタイル

顔バリ

足バリ

四足太目

身体8ミリのバリカンで刈る

耳はそろえる程度にカットして耳先をセットペーパーで保護する

トリートメント

以上です。

トリマー一人で2時間仕上げです。

実は前回まで体はハサミ仕上げでした。

どんなに手早くしても2時間20分はかかりました。

そろそろカット中に立っていることが辛くなって来たようでした。

飼い主様に体にバリカンを入れることをお願いしました。

太目が大好きな飼い主様でしたが、あいちゃんの体の事を考えてOKをいただきました。

たかが20分ですがシニア犬には負担が軽くなったはずです。

現在はお散歩時間も少なくしているようですが天気の良い日はカートでお外に出て日光浴しているそうです。

あいちゃんがもっとトリミング時間を短縮するならば足バリを止める事ですね。

これだけで10分は負担が軽減されると思います。

因みにあいちゃんの体重は2.7キロです。

マックスは3.53キロでした。

やはりワンコはある程度体重が多い方が体力もあり、治療に耐えることが出来ると思います。

太り過ぎはよくありませんが毎日の運動と栄養のある食事を心掛ければ体重は重い方が良いと考えます。

シニア犬の飼い主様へ

ワンコの体重測定を自宅でしましょう!

食べているのに体重が減るのは何か病気のサインですよ!