5月4日 超シニアダックスのシャンプー(東京豊島区トリミングサロン)

2020/05/04

超シニアダックスのシャンプー(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はダックスのチョコ君です。

性別 男の子

年齢 18歳

この記事は3月上旬の内容です。

チョコ君とのお付き合いは3年前からです。

お客様からの紹介で来店されました。

この時で既に15歳でした(笑)

ご自宅は車で15分ほどです。

何故遠方からトリミングサロンをわざわざ変えるのか?

答えは「噛むから」(笑)

長年通っていたご近所のトリミングサロンから断られたそうです。

初回は噛まれませんでした。

初めて噛まれたのはペットホテルを利用してお迎えが来た時に、噛まれました(笑)

次は、二度目の無麻酔歯石除去中にスタッフが噛まれました(-_-;)

この間、飼い主様もよく噛まれているそうですが私たちはトリミング中は口輪をさせてもらうようになったら無傷になりました\(^o^)/

18歳を迎えて尚且つ自己主張を続けるチョコ君は間違いなくご長寿犬になると思いますyes

因みにチョコ君には無麻酔歯石除去は出来なくなりましたが歯磨きは従順にさせてくれます。

チョコ君は年に1~2回ペットホテルを利用していますが今年はコロナウイルスの影響で飼い主様は旅行は中止でしょうね。

因みにパピーハウスは超シニアのチョコ君のトリミングもペットホテルもお受けし続けます。

勿論獣医師の許可が下りる限りですが。

噛みつくワンコに噛まれないようにするには、ある程度の信頼関係を築かねばなりません。

お互い怖がらずに付きあえるためには年月が必要ですね。

私はチョコ君に何度か噛まれましたが嫌いにはなりません。

今はチョコ君の長寿を願っております。

コロナウイルスが終息したら又ペットホテルを利用してほしいと願ってます。