5月15日 プードルの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン)

2020/05/15

プードルの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのチョコちゃんです。

性別 女の子

年齢 3歳6か月

チョコちゃんは約2年前にトリミング無麻酔歯石除去の依頼を受けてからのお付き合いです。

初めての無麻酔歯石除去の時は、さすがに若かったので歯石は付いてないと思えましたが、お口を見たら奥歯に付いてました。

しかし施術時間は25分で終了しました。

そして今回は2回目の施術でした。

今回も25分で終了しました。

年齢は3歳半と若いですが、この位の若さの時から無麻酔歯石除去の施術を受けているとシニアになってから大量の歯石で悩むことがありません。

この若い時期から自宅で歯磨きを続けると歯茎の出血も最小限に食い止められます。

ワンコの飼い主様へ

我が家の子はまだ若いから大丈夫と思っていませんか?

歯磨きはまだしなくていいと思っていませんか?

一度付いた歯石は歯磨きでは取れません。

ほんの少し付いた時点で取りましょう!

勿論飼い主様がスケラーで取れるなら一番いいですが、先ず出来ないでしょう。

パピーハウス無麻酔歯石除去料金は税込み¥2200です。(施術時間 40分)

因みに5分~10分で終了する子は半額の¥1100でお受けしてます。

チョコちゃんのように若い時から無麻酔歯石除去の経験をしていると恐怖感を感じない子も多いようです。

先日、初めての無麻酔歯石除去の施術を依頼されたダックスちゃんは恐怖で脱糞しておしっこを漏らし、私は利き腕の右親指を噛まれました。

痛みと腫れが引くまで10日ほどかかりました。

稀に超怖がりの子がいます。

生まれて初めての無麻酔歯石除去がシニアになってからだと、このようなケースがあります。

是非若い時から歯磨きや無麻酔歯石除去の習慣を付けましょう!!