6月28日 ヨーキーの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン)

2020/06/28

ヨーキーの無麻酔歯石除去(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はヨーキーのアキ君です。

性別 男の子

年齢 4歳8か月

アキ君は、お客様のご紹介で2年前からの来店です。

とても若いので1年に1度の来店でOKです。

今回も施術時間は25分で終了しました。

しかし犬の寿命は人間の4~5倍のスピードなので歯石の付くスピードも年々早くなります。

今回は9か月ぶりの施術でしたので、次回も同じ位に間隔で来店していただくようお願いしました。

もし若いワンコの飼い主様で今は歯が綺麗だからと歯磨きもせず、硬いガムも噛ませないでいませんか?

歯石の付く原因は色々あります。

フードにウエットを混ぜている。

或いはウエットのみ。

硬いガムを与えていない。

オヤツはボーロやビスケット類が多い。

あまりお水を飲まない。

水飲み器がウォーターノズルを使っている。

歯磨きを一切しない。

人間の食べ物をあげている。

心当たりはありませんか?

一番大事なのは、食後に大きな食器でたっぷりお水を飲むことです。

手作り食でも、缶詰食でも、たっぷりのお水を飲むことで人間で言うとお口うがいをする事と同じになります。

ワンコがお水を飲んだ後の食器を見てくださいね。

食べかすが浮いてるはずです。

浮いてなければ歯の隙間に食べ物が挟まってるはずです。

人間は歯磨きをした後、お口に少量の水を含ませブクブクしますよね。

その後一気にお口の水を吐き出すと、磨いたはずなのに小さな食べかすが出る時があります。

ワンコには、ブクブクが出来ない代わりにたっぷりのお水の中に口を突っ込む事で口ゆすぎの代わりになるのです。

歯磨きよりも先にウォーターノズルを大きな食器に変えましょう!!