6月29日 チワワの無麻酔歯石除去(東京板橋区トリミングサロン)

2020/06/29

チワワの無麻酔歯石除去(東京板橋区トリミングサロン)

本日のお客様はチワワのよつ葉ちゃんです。

性別 女の子

年齢 6歳(推定)

よつ葉ちゃんは元保護犬です。

お付き合いは今から2年半前からです。

2か月に1度位のペースでトリミング&無麻酔歯石除去を依頼してくださいます。

よつ葉ちゃんは体重2キロ前後なので、歯も非常に小さく施術しずらいお口です。

でも2か月に1度の来店なので歯石の量も少なく何とか毎回取れます。

もし、これが半年或いは1年に一度の施術だと小さいお口を長時間開けて無麻酔歯石除去をするのは難しいかもしれません。

どんなに体が小さくても歯石は付きます。

しかし体重が軽ければ麻酔のリスクは高くなります。

超小型犬の飼い主様は、毎日に歯磨きしてください。

特に奥歯です。

奥歯に歯石が付くと小さいお口から中々覗く事自体難しいのです。

気が付いた時は手遅れになってる時もあります。

歯磨きが苦手なワンコには歯磨きシートも便利ですが、小さいお口の子には飼い主様の指自体が大きくて歯磨きシートが使えません。

超小型犬用の歯ブラシを子犬の時からならしておきましょう!

歯磨きが終わったら、ご褒美をあげる習慣を付けましょう。

ご褒美には歯磨きガムが一番お勧めです

奥歯を使うオヤツが歯石除去の役目を果たします。

一番いけないご褒美はボーロやビスケット等の粉物です。

せっかく歯磨きをした後に、粉物のオヤツをあげたら唾液と共に歯垢として歯に付いてしまいます。

くれぐれも与えるご褒美のオヤツには注意してくださいませ(__)