10月6日 パピヨンの無麻酔歯石除去(東京文京区トリミングサロン)

2020/10/06

パピヨンの無麻酔歯石除去(東京文京区トリミングサロン)

本日のお客様はパピヨンのヘリックスちゃんです。

性別 女の子

年齢 10歳

ヘリックスちゃんは今年3月からのお客様です。

今回で3回目になります。

初回は歯石の量が多くて取り切れず、2週間後に再施術をいたしました。

今回は、とても綺麗でしたが歯の裏側を取りたいと飼い主様のご要望で頑張りました(-_-;)

お爪切りも依頼されました。

かなり伸び切っていました。

ヘリックスちゃんは、トリミングテーブルの上で無麻酔歯石除去は断固拒否のワンコです(-_-;)

保定者が床に座って膝の上にヘリックスちゃんを仰向けに寝かせてその状態で施術いたします。

時間が長引くと施術者は腰が非常に痛くなります(笑)

マックス40分は出来ませんので、保定者と施術者が途中で交代します。

今回も何とか無事に終了しました(´▽`) ホッ

無麻酔歯石除去を長年していると色々なワンコに出会います。

仰向け断固拒否のワンコ。

口を絶対開けてくれないワンコ。

噛み付くワンコ。

恐怖心で脱糞、オシッコ漏らすわんこ。

舌の色がチアノーゼ状態になるワンコ。

この中で施術出来ないワンコは噛み付くワンコだけです。

口を開けないワンコも時間をかければ開けてくれます。

排泄してしまうワンコは出し切れば出来ます。

チアノーゼ状態の子は、色が正常に戻ったすきに少しづつします。

殆どのワンコは無麻酔歯石除去出来ます。

嫌がるワンコは完璧に綺麗には出来ませんが、来店時よりは飼い主様が綺麗になったと喜んでくださいます。

後は自宅に帰ってから、飼い主様の努力次第です。

綺麗な歯を継続できるかどうか飼い主様次第ですよ~wink