10月10日 プードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

2020/10/10

プードルのトリミング(東京豊島区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルの巻巻(チェンチェン)ちゃんです。

性別 女の子

年齢 8歳8か月

チェンチェンちゃんの飼い主様は、中国か?台湾?の出身の方と思われます。

今から3年前に無麻酔歯石除去とトリミングの依頼を受けて、現在に至ります。

チェンチェンちゃんのトリミングスタイル

体は5ミリのバリカンで刈る。

足バリ

テディベア

四足はハサミ仕上げで短くカット。

尻尾は付け根から丸くする。

耳は短くカットする。

トリミングの間隔が飼い主様のご都合でかなり長く開く時があります。

今回は2か月ちょっとでのご来店だったので毛玉はありませんでしたが、蚤が1匹付いてました(-_-;)

蚤自体は死んでいましたのでフロントラインはしていると思われます。

犬にとって、夏場はフィラリアとフロンラインは必須です。

因みに今回は毛玉はありませんでしたが、殆ど毎回チェンチェンちゃんは毛玉が大量です。

その時はタングルリムーバーを沁み込ませて時間をかけて解きます。

根元からびっしりの毛玉は、仕方ないですがハサミで切り落とします。

飼い主の皆様は、是非ブラッシングしてくださいね。

毛玉を取る作業はワンコも多少痛い思いをします。

自分のブラッシングをする時に、是非ワンコの事も思い出してくださいね。

トリミングの話とは離れますが、最近ワンコにワクチンを打っていない飼い主様が目立ちます。

おそらくペットの販売元が詳しく説明していないのではないでしょうか?

皆さま子犬の時に打ったとおっしゃいます。

是非毎年打ってくださいね。

ワクチンを打ってない飼い主様は動物病院に行くのは狂犬病の接種のみなので、フィラリアの事もご存じない方が多いです。

ペットの販売店は、売れればいいという考え方を是非是非改めてくださいませ(__)