10月29日 シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

2020/10/29

シニアプードルのトリミング(東京北区トリミングサロン)

本日のお客様はプードルのゆずちゃんです。

性別 女の子

年齢 14歳

ゆずちゃんは白内障の為、かなり視力が衰えてます。

お散歩はしているそうです。

そしてシニアになってから無麻酔歯石除去を嫌がるようになり、前回の時から噛み付き出し現在では歯磨きのみとなりました。

今まで無麻酔歯石除去が出来てたワンコでも、ある日突然出来なくなります。

おそらく視力が低下したことも原因の一つでしょう。

一番の原因はグラグラの歯の痛みだと思われます。

歯茎の色もよくありません。

先日飼い主様に歯茎のケアのために「マイクロシンのオーラルケア」を購入していただきました。

最後の手段だそうです。

口臭、歯石、歯垢の予防、軽い歯肉炎を和らげます。

現在使い始めて半月経ちました。

少しでもゆずちゃんの痛みが和らぎますように!

 

ゆずちゃんのトリミングスタイル

体は8ミリのバリカンで刈る。

四足はハサミで短めにカットする。

テディベア

目の上の毛は短くカットする。

マイクロバブル

ゆずちゃんは14歳ですが、まだまだ元気でトリミングテーブルで、最後まで立っていられれます。

もしいつか立つのが辛くなったら四足も8ミリのバリカンカットをお勧めするつもりです。

体重は若い時は5キロを超えた事もありますが、ここ数年は4.1キロ台をキープしています。

シニア犬になったら特にプードルは短時間でトリミングを終わらせる事が大事です。

若い時のトリミングスタイルは変えましょう!

シニアは見栄えではなく清潔第一と考えましょう!!